不動産売買にかかる税金

不動産の売買に関して

不動産の名義について

不動産を購入しようとしている人にとって以外と知らないのが共有名義についてです。物件を最初に購入する場合、本人以外の資金を必要とする場合はその資金の出資分だけ持ち分にする必要があります。理由は税金で、もし名義を単独にしてしまうと名義以外の人の出資分は贈与とみなされ税金がその分かかってきてしまいます。持ち分とは例えば3000万円の物件の場合、本人1500万円、妻1500万円で持ち分1対1です。仮に少しでも名義を入れたい方は2900万円分と100万円分で共有にすることも可能です。不動産を購入する場合にはこの点に関しても予め相談しておきましょう。

一戸建ての売却に関する税金について説明します。不動産とは、土地と建物と民法に規定されており、それぞれ別個の財産とされています。一戸建ては、この土地と建物から構成されています。通常、一戸建てを売る時は、両者を合わせて売ります。これらの譲渡に関する所得は、売買して得た金額を収入金額として、そこから取得費及び譲渡費用を差し引いて求めます。こうして得た譲渡所得の金額に税率をかけて税金を求めます。なお、対象不動産が、夫婦で共有名義の場合は、収入金額等に、それぞれ持分割合を乗じて得た金額を基に税金を計算します。