不動産を活用するには

不動産で節税する

不動産投資は新しい投資の形

これまでは投資と言えば株や金などの商品が主流でしたが、ここ数年の間に節税対策にもなり安定した収益が入る不動産が新しい形として特に最近は若いサラリーマンに人気が出てきました。これまでは富裕層の節税対策のイメージが強かった不動産投資ですが、最近は物件の購入方法も多様化し若年層や中年クラスの人でも手が出るレベルまで入り口が広がった事が大きな要因とも言えるでしょう。そして金融商品と比較しても価格の変動も少なく、物件次第では老後の安定収入まで計算する事が出来ますし相続税対策になるのも大きな魅力になっています。

衛生的に管理されている不動産

定期的にメンテナンスを行われている建物は、長持ちします。必要に応じて修理や修繕を行いますが、早い段階でトラブルを予測できるため、低予算で対応できます。床下防虫処理をしている不動産は、衛生的です。害虫が発生しにくい環境になっていますので、殺虫剤などの薬剤を入居者が購入しなくても良い場合が多いです。衛生的に管理されている不動産は、快適さが長持ちし、維持管理コストが軽減できます。床下防虫作業は、一日で完了します。作業時間も一時間程度で済みますので、入居者への影響も抑えられます。